渋谷 デリヘル

新宿 デリヘル

アロマエステ 東京

アロマエステ 東京

宝塚記念 予想

公的年金と変額年金

皆さんは年金とは何かを、正しくご存知でしょうか。
年金とは老後の積み立てのようなものとお考えなのでは?
そしてその多くは厚生年金保険や国民年金を指しているのでは?

年金には大別して「公的年金」と「個人年金」の2種類があります。
そのうち公的年金の中でもさらに「老齢年金」「遺族年金」「障害年金」の3種類に区別されています。
そしてさらにそのうちの「老齢年金」、この中の種類に「厚生年金保険」や「国民年金
」があるのです。
皆さんが良く知っている厚生年金保険や国民年金は、数ある年金のほんの一部でしかないのですね。

年金を大別するうちのもう一方、個人年金。
こちらは郵便局や民間の会社で取り扱われている年金です。
最近は年金そのものが取り沙汰されることが多くなったので、「個人年金」の名ぐらいは聞いたことがある人も多いかと思います。
公的年金の中でも種類は様々ありますが、個人年金は民間会社などで取り扱われているだけに更に多くの種類があります。
その中に、変額年金というものがあり、最近いろいろな場で議論されています。
国民年金などを常に支払っている優秀な方ならお判りでしょうが、公的年金の保険料や保険金は定額です。
変額年金はそれとは正反対の性質を持っており、その名の通り保険金が定額ではなく変動する年金なのです。

年金が変動するなんて納得できない方もいらっしゃることでしょう。
しかし、ここ数年で様々な年金問題がニュースで報じられるようになり、公的年金だけに頼るのではなく、変額年金をもそのメリットを考慮して注目する人が多くなってきています。
というのも、保険金が変動する変額年金は金融商品のひとつとしても考えられているため。
資金運用のために変額年金を考えている人も少なくないのです。